チャットレディの税金&確定申告ガイド

どれくらい税金を払う必要があるの?

一番の問題は「いったいどれくらい税金を払わなくちゃいけないの?」ということですよね。

払う税金は2種類あります。 「所得税」と「住民税」です。 「所得税」は仕事をして得た所得の○%という形でかかります。 「住民税」は一律で所得の10%です。 まずは「所得税」について計算してみましょう。まずはあなたの「課税所得」を出しましょう。 課税所得の計算方法はこうなります。 「課税所得」=「1年間に稼いだチャット報酬」−「仕事にかかった費用」−「控除」 ということで、ただ単にチャット報酬に税金がかかるのではなくて、 そこから「仕事にかかった費用(必要経費)」と「控除」を引くことができます。 この2つが税金を減らす大きなポイントになります。 「課税所得」は簡単にいうと「色々引いて最終的に残ったお金」です。 この「課税所得」に対して定められた税率を掛けて所得税が決定します。

所得にかかる税金の割合を「税率(ぜいりつ)」といいます。 この税率は所得額に応じて高くなっていき、最高40%までとられることになります。 といっても、実際には所得195万円までは5%で、195万円を超える部分から税率が上がっていきます。 最低税率は5%なので、大体「税率は5%〜10%」だと思ってください。

さて、あなたの税率はいくらでしょうか。 実際に税金の計算をしてみましょう。たとえば1年間のチャット収入が240万円だったとします。 ここから経費を引きます。経費とはチャットレディの仕事に使ったお金です。30万円経費がありましたとさ。 その時点の手元に残っているお金を「所得」と言います。ここで所得は210万円になりました。

そして所得から基礎控除やそのほかあてはまる控除を引きます。38万円控除。 残った金額は172万円。その金額を元にあなたの税金を計算します。 これを「課税所得(かぜいしょとく)」といいます。 所得金額に応じた税率は以下になります。

課税される所得金額
税率
控除額
195万円以下
5%
0円
195万円〜330万円
10%
97,500円
330万円〜695万円
20%
427,500円
695万円〜900万円
23%
636,000円
900万円〜1800万円
33%
1,536,000円
1800万円〜4000万円
40%
2,796,000円
4000万円〜
45%
4,796,000円

上のグラフで今回の例では「195万円以下」の税率「5%」とわかりました。 ですので、172万円×5%=86,000円 所得税額は「86,000円」となるわけです。 慣れると結構簡単です。大切なのは「必要経費」をきちんと把握しておくことです。