チャットレディの税金&確定申告ガイド

扶養からはずれないように注意する

専業主婦でチャットレディをやっている場合は以下のようなよくない事態が考えられます。 1.今まで払わなくてもよかった健康保険&厚生年金保険を払わないといけなくなる。 2.税金を払わないといけなくなり、さらに夫の税金も増える。

1については、年収130万円を超えることによって、夫の扶養から外れてしまいます。 扶養に入っていると健康保険や厚生年金保険を払わなくても、払っていることになり、 タダで保険証をゲットできたり、老後に年金の支給を受けることができたりします。 このような今までの超オイシイ扶養の特典がなくなってしまうのですね。。(泣) ですのでよっぽど荒稼ぎをしていない限りは、年収130万円を超えないようにしましょう。 この130万円は「収入」そのものなので、経費などは費用として引くことができないようですね。

セカンドハウスとかマダムとおしゃべり館で稼ぎ過ぎないようにしましょうね。

2については、「103万円じゃないの?」と思うかもしれませんが38万円です。 103万円というのは控除額の合計で基礎控除38万円と給与所得控除の 最低額65万円を足したものです。 チャット収入は給与ではないので、給与所得控除である65万円の控除が受けられません。 基礎控除の38万円のみが適用されるので、こうなります。

注目すべきは「所得」38万円ということです。 つまり必要経費を増やせば所得は減らせるのです。 家賃・光熱費・プロバイダ料金等を経費にガンガン計上しちゃいましょう!

【今回のポイント】

健康保険に関する扶養 → 年収を130万円未満に抑える。 所得税に関する扶養 → 所得を38万円以内に抑える。