チャットレディの税金&確定申告ガイド

青色申告のための事前手続き

個人事業を開始することを知らせる手続きをする

株式会社などの法人を設立せずに 「フリー(フリーランス)」として ビジネスをスタートさせることを、一般的に「個人事業」といいます。 その個人事業を行っている人は「個人事業主」、あるいは「フリーランサー」と呼ばれます。 チャットレディを本業としている女性はこれに該当します。

個人事業をスタートするには、税務署へ「個人事業の開廃業等届出書」を提出します。 この書類を提出しておくと、毎年年末頃に確定申告に必要な書類を郵送してくれます。 住んでいる地域によっては、税務的な講習会のお知らせが届いたりする事があるので、 忘れずに提出するようにしましょう。

提出先は、自宅の住所を管轄している税務署です。 この場合は、自宅が「納税地」となります。

また、「事業開始等申告書」を都道府県税事務所などに提出します。 地域によっては都道府県税事務所だけでなく、 区市役所にも提出しなければいけないところもあります。

税務署に青色申告の届出をする

確定申告を青色申告で行うためには、 「青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければなりません。 提出先は納税地(あなたの自宅)を管轄している税務署、 つまりあなたが確定申告の書類を提出する税務署になります。

いつまでに提出すればいいかというと、 確定申告の対象となる年の3月15日までです。

3月15日以降に、OLを辞めてチャットレディを本業にした女性の場合には、 開業した日から2ヶ月以内に手続きを済ませれば大丈夫です。 たとえば3月末日の年度内までOLとして働き、 新年度の4月1日から本業チャットレディとしてスタートする人は、 開業した日から2ヶ月以内である5月末までに手続きをすませれば、 その年から青色申告で確定申告ができます。