チャットレディの税金&確定申告ガイド

領収書のもらい方

領収書は必要経費の証明書

チャットのお仕事をするにあたって、チャットレディをするに当たって、必要な費用を「必要経費」といいます。 必要経費をきちんと計上することで、納める税金の額を減らすことができます。 必要経費としてお金を使ったときは、原則として必ず「領収書」をもらうようにしましょう。

特に現金で支払った場合には、領収書がないと後になってから支払った事実を証明することが とても難しくなります。税務調査のときに、領収書がないばかりに経費として認められなかったのでは、 ぶっちゃけ もったいないですよね。たとえ1円の出費であっても、それが必要経費であるならば きちんと領収書をもらって、その出費が「必要経費」であることの証明にすることを心がけましょう。

また、領収書をもらうときには記載ミスのないようにしましょう。自分で後から追加訂正するのは、 「改ざん」ととられる可能性があります。そのため、できるだけ記載ミスのないように作成してもらいましょう。

領収書がもらえない場合の対処法

一般的に必要経費と認められるものでも、領収書を発行してもらえないケースもあります。 たとえば銀行口座からの支払いは、領収書を発行してもらえません。 その代わり、通帳に記載される詳細が経費としての支出を証明するものになります。 つまり、口座から支払うことのできる経費であれば、わざわざ領収書をもらう手間が省けますし、 経費としての現金を管理する必要もなくなるので、銀行口座でお金の入出金を管理することは 大変便利な方法です。

領収書が出ない場合は出金伝票を使う

チャットレディの経費についてはあまりないケースだとは思いますが、、 領収書をもらえない支払いもあるかもしれません。 そんな場合は「出金伝票」を使いましょう。 出金伝票は文房具屋さんや100円ショップなどで売っています。

出金伝票には、「支払った日時」、「支払先」、「支払額」、「支払いの内容」などを記載します。 さらに、例えば仕事関係の結婚式の祝い金の場合には、結婚式の案内状や席次表などを保管しておきます。 こうすることで、自分で作成した出金伝票の信憑性と客観性をあげることができます。

最近は、コンビニやスーパーなどで買い物をすると、POSレジのレシートをもらうことがほとんどですが、 これについても別に領収書をもらうのが一番です。 ただし、現実には領収書が無くてもレシートがあれば経費として認められるようです。

いずれにしても、チャットレディのお仕事に必要な支払いをした場合は「経費」として計上されるわけですが、 ほんとうにその支払いをしていることを立証する「もの」が必要になるわけです。税務調査のときに調査官から指摘されて慌てないように、日ごろから証明書類である領収書を残す習慣を身に付けましょう。

何でもいいので、箱をひとつ用意してそこにとにかく経費であろうが、プライベートであろうが、レシートや領収書を放り込んでいく、そして後で整理する、というやり方が日頃一番楽な方法です。年末は結構大変かもしれませんが・・、経費を計上し損ねることはなくなるでしょう。