チャットレディの税金&確定申告ガイド

電車やバス・タクシーなど旅費交通費

具体的な「経費科目(けいひかもく)」に入っていきましょう。まずは「旅費交通費(りょひこうつうひ)」!その前に経費科目(複式簿記では「勘定科目(かんじょうかもく)」というのは、経費を計上していくときの分類名です。経費にはそれぞれ名前があって、会計ソフトで入力していくときにもこれを使って経費をわけていきます。さて旅費交通費は、移動にかかった交通費です。ネットビジネスとはいえ、全く外にでないわけじゃありません。セミナーや見本市への参加、仕入れや取材のための電車代。車を使っている人は、ガソリン代、高速道路代なども経費にできます。旅費交通費として計上できるのは左ページのしたのようなもの。旅費交通費に関して記帳の質問で多いのが、Suicaなどのプリペイドカードは、買った日に一括計上してもいいのか、使った日にちごとにいちいち計上しなくてはならないのか。税務署に質問すると、後者のやり方でやってくださいと指導されると思います。1日ずつ記録したほうが、仕事で使った日とそうでない日がわけやすいからです。一括計上できると会計処理はラクですが、よりプライベート使用分が混入しやすいと思われることもあります。どちらを選ぶかはあなた次第。ところで電車代やバス代などはカードを利用していない場合、領収書がでませんが、小さな額だからといってばかにはできません。一ヶ月三千円でも年間三万六千円。税率10%なら三千円以上も税金に差が出てきます。そんなときは出金伝票(91ページ参照)を利用して、利用した日と金額をメモしておきましょう。