チャットレディの税金&確定申告ガイド

配偶者特別控除について

さてさてまずは、家族のためにがんばる人の控除。「配偶者控除(はいぐうしゃこうじょ)」と「配偶者特別控除(はいぐうしゃとくべつこうじょ)」です。結婚している夫婦の相手方のことを、税法では「配偶者(はいぐうしゃ)」と呼んでいます。配偶者控除と配偶者特別控除は、もともと奥さんを養っているサラリーマンのために税金を安くしてあげようというもの。奥さんの収入に応じて、最大38万円の控除が受けられます。この控除を受ける条件は次のとおりです。<例:奥さんが専業主婦のサラリーマン家庭>

1.奥さんと自分が生活費を一緒にしていること

(一緒に住んでいなくても、仕送りなどの送金で生活費が一緒ならOK)

2.奥さんの所得が合計76万円未満である人

(38万円未満だと配偶者控除、38万円超76万円未満だと配偶者特別控除)

3.サラリーマンであるあなたの年間所得が1千万円以内であること

平成16年までは奥さんの所得が38万円未満であれば、どちらも使えて最大76万円の控除を受けられましたが、今は併用できなくなりました。専業主婦の奥さんがいるサラリーマンの方は二年前あたりから、気がつかないうちに手取りが若干減っていたことと思います。サラリーマンの年末調整でまず基準になるのが、「来年は配偶者控除に入るのかどうか」というもの。ネットビジネスとをしている主婦(夫)は、年末までに収入の合計と経費の合計を計算しておかないと、控除を受けられるかどうかを判断することができません。

控除の種類

基礎控除 誰でも適用されます。38万円

扶養控除 子供や両親と暮らしている場合に適用されます。

配偶者控除 夫や妻がいる場合に適用されます。

雑損控除 火事にあったり、盗難にあった場合に適用されます。 控除額は、「損害-保険金-総所得金額×0.1」、「災害関連損失-5万円」のいずれか多い方の金額。

医療費控除 病院に行ったりした場合に適用されます。

配偶者特別控除 配偶者特別控除とは、配偶者控除の対象外のときでも、配偶者の合計所得金額が76万円未満であれば、 控除される制度です。

生命保険料控除 生命保険に入っている場合に適用されます。

損失保険料控除 損害保険料を、支払っているときに控除されるものです。

障害者控除 障害を持っている場合に適用されます。

寡婦控除 寡婦(シングルマザー)であるときに適用されます。

勤労学生控除 働きながら学んでいる学生で、その所得が一定以下の場合に適用されます。

社会保険料控除 社会保険料を支払っている場合に適用されます。

寄付金控除 お金を寄付した場合に適用されます。

小規模企業共済掛金等控除

住宅借入金特別控除 住宅ローンを利用している場合に適用されます。