チャットレディの税金&確定申告ガイド

医療費控除について

次は「医療費控除(いりょうひこうじょ)」!1年間にかかった医療費の合計が10万円を超える部分が所得から控除できます。※所得が200万円未満の場合は、「所得の5%を超えた分を控除」という計算もできます。(ただし、保険金などがおりた場合、その分は差し引く)。この控除を受けるときのポイントは、家族全員の医療費を合わせて計算できるということ。あなた一人ではなく、家族全員の領収書を合計できるので、10万円なんてすぐ超えちゃいます。そして、もう一つのポイントは、家族のなかで一番所得の高い人が申告すると税金の戻りが大きい!ということなんです。たとえば、家族全員の領収書を集めて、40万円あったとします。40万円から10万円を引いて

控除の種類

基礎控除 誰でも適用されます。38万円

扶養控除 子供や両親と暮らしている場合に適用されます。

配偶者控除 夫や妻がいる場合に適用されます。

雑損控除 火事にあったり、盗難にあった場合に適用されます。 控除額は、「損害-保険金-総所得金額×0.1」、「災害関連損失-5万円」のいずれか多い方の金額。

医療費控除 病院に行ったりした場合に適用されます。

配偶者特別控除 配偶者特別控除とは、配偶者控除の対象外のときでも、配偶者の合計所得金額が76万円未満であれば、 控除される制度です。

生命保険料控除 生命保険に入っている場合に適用されます。

損失保険料控除 損害保険料を、支払っているときに控除されるものです。

障害者控除 障害を持っている場合に適用されます。

寡婦控除 寡婦(シングルマザー)であるときに適用されます。

勤労学生控除 働きながら学んでいる学生で、その所得が一定以下の場合に適用されます。

社会保険料控除 社会保険料を支払っている場合に適用されます。

寄付金控除 お金を寄付した場合に適用されます。

小規模企業共済掛金等控除

住宅借入金特別控除 住宅ローンを利用している場合に適用されます。