チャットレディの税金&確定申告ガイド

赤字になれば無税になる

国民は税金を納める義務があります。これと同じく会社も税金を納める義務があります。会社が納める主な税金は「法人税」と言われています。法人税というのは利益に対して一定の税率がかけられます。逆に会社の収支がマイナスで赤字の場合には税金は発生しないということになります。

会社と同じく、税務署も鬼ではありませんので、収入のない人から税金を取ることはありません。例えばチャットレディのお仕事で1年間に30万円の収入があったとしましょう。その場合、家賃や電気代、月々のプロバイダ料金、ウェブカメラ代、パソコン代・・と費用が30万円以上あった場合、チャットレディの収支はゼロ以下になりますよね。つまり所得がゼロになります。ゼロに何を掛けてもゼロですから税金もゼロということになります。

さらにさらに、もし会社で働いていてもしチャットレディ事業における必要経費がチャット収入のみならず、会社の給与所得をも超えるものならば、全体的にあなたは赤字状態になり所得はゼロ、というかマイナスになるので、あなたは税金を1銭も払う必要がなくなるわけです。

なのでやはり、必要経費はきちんと記録しておくこと、領収書やレシート、支払い記録(例えばクレジットカードの利用明細など)は捨てずにきちんと保管しておきましょう。

ただ確定申告時に必ずしも領収書やレシートがないと経費として認められないわけではありません。 というかレシート提出の義務はありません。