チャットレディの税金&確定申告ガイド

チャットレディの法人化について

売上があがると、否応なしに考えなくてはいけないこと。 それが法人化です。 なぜ否応なしかといいますと、売上がある一定水準まで行くと、 個人の場合、とても税金が高くなるからです。 個人の税金「所得税」は、稼げば稼ぐほど税金が高くなります。 所得に比例して四段階、最高37%まで高くなるのです。 ※所得税率は平成19年1月から5,10,20,23,33,40%の6段階になる予定。 法人になると税金は「所得税」から「法人税(ほうじんぜい)」に変わり、 ほぼ一定(二段階)の税率で課税されるようになります。 それで、ある一定の水準から税金が安くなるのです。 さてこの法人化、昔は最低でも300万円の「資本金(しほんきん)」がないと 法人にはなれませんでしたが、法律が新しくなって、1円で会社がつくれるようになったのです。 今までも「5年以内に基準額まで増資した場合に限り」という条件つきで 資本金1円で会社を作ることができましたが、平成18年4月の「新会社法」施行でその条件もなくなります。 資本金は1円でOKですが、本当に1円で作れるかといったらそうではありません。 ぜ〜んぶ自分で事務手続きをしたとして、最低でも20万円くらいの費用がかかります。 それでも資本金を用意する必要がなくなったため、 法人化のハードルはぐっと低くなります。 売上がいくらになったら法人化したらいいか、一概には言えないのですが、 だいたい所得700万〜800万円がわかれ目のようです。 法人化すると、自分に給料を払うことができます。 そうすると給与所得控除が受けられるので、 自分に払う給料の額を上手に調整すると、税金を安くできます。 ただし実際の計算はとても複雑なので、 法人化を考え始めたら一度税理士さんに相談しに行きましょう。 まあいいことばかりではなく、交際費に制限が出てきたり、 個人住民税とは別に法人住民税を払わなければいけなくなります。 社長は二重に住民税を払わなくてはいけないんですね。 しかも法人住民税は会社の利益がなくても払う義務があるという、なんとも切ない・・・。 しかし税金面でのメリット・デメリットはさておき、 対外的な信用は個人事業主のままでやっていくのと法人化するのとでは大きく差がでます。 名刺に「代表取締役社長」とか入ってるとカッコイイしね! さあ、ネットで稼いで、あなたも社長になろう!

なんで法人化するの?

法人化というのは、わかりやすく言えば「会社を作っちゃえ」ということです。 今まで個人事業主という形をとって、個人として仕事を受け、個人として仕事をこなし、 個人として報酬を得てきたわけですが、これが会社になりかわるわけです。

消費税の納付義務が発生してはじめて、 さらに超過累進課税のおかげで所得税率もなかなか高いとこまで来てしまったぞとなったとき、 いよいよ意識しはじめるのがこの「法人化」というものです。

法人になると、法人さん用の税体系が用意されています。 微妙に個人のときと似通った名前が並ぶんですが、 個人の場合と違って超過累進課税制度をとらないなど、 その仕組みたるや「似て非なるもの」というにふさわしい別物さんが待ち受けているのです。

さて、資本金1億円以下の会社は、法人税法では「中小法人」というものになります。 中小法人の場合はもろもろの税金を考え合わせると、 ざっくり言って利益800万円までなら約3割。 それを超えると約4割が税金で持ってかれることになります。

個人だと超過累進課税になるので、所得税と住民税とをあわせると、 最大で50%まで税率が上がってしまいます。

つまりは個人だと超過累進課税が待ち受けているだけに、 収益を順調に伸ばしていったら、やがて法人税の税率よりも高いトコまで突き抜けてしまいます。 だから、あるタイミングになると法人化したほうが税金が安くなるわけです。

会社を作るのに必要な費用ですが、会社定款とかも自分でこさえてコスト削減に努めたとして 色々含めて20万円くらいです。あとは他に資本金というものが必要ですが、1円でもオッケーです。

法人ってナニがいいのよ?

法人化のメリットとデメリットについてお話します。

法人になると、自分自身も給与所得を受ける形になれます。

法人化した段階で、事業主であった私自身も、 社長として会社から給与を受け取るという立場に変わってくることになるのです。 つまりここでも給与所得控除が認められる事になる。つまり経費が増えてくる。

これを駆使して、所得をそれぞれ会社とアナタと家族の人とに振り分けていく事ですね、 給与所得控除の恩恵を最大限に受け、それぞれの税率が平均すると一番低くなる点を 探ることができるようになります。

法人の税率が高い!という場合は、 給料でもらって所得税を払えばよいのです。

あと大きいところでは、資本金1千万円未満の会社であれば、 設立から2年間は消費税の免税事業者になるって点。 これは 最大のメリットかもしれませんね。

法人化で必要になる費用なんて、このメリットひとつで 全部ペイできちゃうといっても大げさではないでしょうね。

記帳関係に関しては「しっかり書けよー」とやや厳密さを求められるようになり、 しかも税務調査が個人よりもはいりやすくなるというオマケつき。 法人の場合は法人住民税の均等割分に関しては「赤字でも納めろ」となっちゃうんで、 利益がなくても最低7万円はしっかり取られてしまいます。これもデメリットですね。

社会保険の面でもメリットがあります。 国民健康保険や国民年金か、それともサラリーマン時代と同じ社会保険に入るのかが、 法人化したら選択できるようになります。

結局どうなったら法人化するの?

いろいろと小難しい話もはさんできたわけですが、 けっきょくのとこ一番知りたい話といえば、「じゃあどれが一番お得な形なの?」ってこと。 もしチャット報酬を順調に伸ばしていけたとしたら、いずれ法人化がお得になるケースが出てきますよ〜 というのはよいのですが、じゃあそれってどのタイミングで考えりゃいいものなんでしょうか。

個人は個人で青色専従者給与などを使って節税を試みる技はあるわけです。 だいたい利益が350万円程度だと、そうした青色専従者給与あたりを駆使して がんばったほうが安くなる率が高いかな・・・というのが実感です。 これが700万円を超えてきたりすると、断然法人化したほうが安くなってくる。

ずいぶん乱暴な定義になってしまいますが、 利益が700万円〜800万円をコンスタントにたたき出すようになったら、 おそらく法人化したほうが税金は安くなるんじゃないですかね。

もっともいちがいには当然言えません。 できれば利益が500万円を越えてきたあたりで、 一度税理士なり相談してみることをお勧めします。

税理士に相談すると1時間程度の相談で1万5千円くらいかかります。 その後依頼すると、月に2万〜2万5千円くらい。 あとは決算時期に4ヶ月から6ヶ月分がかかります。

節目節目で、最適な収入モデルだけ導き出してもらいに行くこともできます。

他のチャットレディ同士で寄り集まって、複数人分を「まとめてお願い」ってぶん投げれば、 それはそれで割引価格も検討してもらえるものらしいです。