チャットレディの税金&確定申告ガイド

「三種の神器」でなにがあっても大丈夫!

あなたが、申告しなくても安心していられる方法があります。

1.チャット収入専用の銀行口座をつくる。
2.チャット収入専用クレジットカードをつくる。
3.領収書をとっておく。

所得税には五年間の「時効」が定められており、税務調査がかけられた場合、あなたは五年間分の収入をさかのぼって調べられることになります。しかしこれは、逆に言うと、あなたは申告しないでいたとしても過去五年間分はさかのぼって申告することができるということです。

税務調査がかけられて無申告がバレた場合には、無申告加算税などのペナルティが加算されることがあります。しかし、調査がかけられなければ、特に罰則を受けることもなく過去の分の申告ができるのです。

「面倒だから、今年は申告しなくていいや」という人も、この3つの準備で資料をそろえておけば、五年以内にいつでも申告することができるのです。

チャット収入専用の銀行口座をつくる

税務署員が最も敏感になる部分とはなにか。そればズバリ収入の除外です。税金は、手元に残っているお金(所得)に対してかかります。所得は、収入-経費で計算しますから、収入が少なくなれば所得も少なくなります。所得が少なくなれば、税金も少なくなる。つまり、あったはずの収入を「ない」としてしまえば、税金を少なくするのは簡単だということです。ネットで稼ぐ人は、振込手数料の関係から、あちこちの銀行口座で収入を管理していたりする場合があります。しかしこれでは収入の合計を管理するのが大変です。万が一、うっかり計上し忘れちゃった!という収入がでてきたりすると、故意か過失かにかかわらず、税務署はそこを厳しく指摘します。そこで、チャット収入専用の銀行口座をつくりましょう。複数の口座にお金が振り込まれたら、すぐにチャット収入専用口座に入金し、収入を一元管理しておきます。税務署は調査のときに、まず「通帳を見せてください」ときます。通帳は1つの公的書類てあり、最も簡単にお金の流れを見れるからです。そのとき、「事業のお金と個人のお金を明確に区別している」のをアピールすることが大事です。収入が全部1つにまとめられている通帳をバッ!と見せ、「わたしはネット収入を全部この通帳で管理しているんです。収入の漏れはありません」ということができれば「おっ?この人はずいぶんしっかりやっているんだな」とそれだけであなたを見る目が変わることでしょう。

チャット収入専用のクレジットカードをつくろう

さて、収入の除外と同じくらい税務署員が敏感になるところがあります。それが経費の水増しです。収入の除外と同様、経費の水増し、つまり経費にプライベートで使ったお金を混ぜてしまえばその分所得が減り、簡単に税金を安くできてしまいます。税務署員があなたの領収書を調べる場合、プライベート使用分を経費に混ぜていないかどうか、それを厳しくチェックします。ここでも、収入と同様「事業のお金と個人のお金を明確に区別している」のをアピールすることが大事です。そのために、事業用クレジットカードをつくりましょう。事業用にしか使わない!というカードを一枚決めておき、仕事に使った経費は可能な限りここから引き落とすようにしておきます。こうすることで、「わたしは仕事で使う経費は全部、このカードで管理しているんです」ということができ、税務署員に好印象を与えることができます。ついでに引き落とし口座は事業用通帳と連動させておけば、たとえ帳簿をつけていなくても、いざというときにはカード明細と通帳の明細をみせるだけで、あなたの収入と経費の状況を説明することができます。さらに上級テクニックとしては、「ガソリン代はこのカード!」「パソコン関係はこのカード!」と複数の「事業用クレジットカード」をつくっておくことです。こうしておけば、さらに経費管理がしやすくなります。

現金払いではなく、カード払いで

そういう意味でいうと、経費になるものを買うときは、現金で支払うよりも、クレジットカードで支払った方が、明細として記録に残るので管理が楽チンです。そう考えると、どこかのリアル店舗でものを買うよりも、Amazonなどネットで買った方が良いでしょう。

領収書は一枚も捨てずにとっておく

いよいよ最後の三番目。これが三つのなかでは最重要項目です。それは領収書は一枚も捨てずにとっておくこと。ポイントは一枚も捨てないということろです。チャットレディをされている方の中には、今まで確定申告をされたことがない方も多いと思います。領収書があると税金が安くなると言う知識や経験がないため、領収書をとっておく習慣がありません。もし申告しなければならなくなって、領収書が全くなかった場合、どうなるのでしょうか?領収書がなければ経費を使ったと証明することができません。経費がなければ収入=所得となってしまうため、あなたの手元に残っているお金ではなく、あなたがチャットで経費として使ったお金にまで税金がかかることになります。仮に年間100万円稼いだ場合、基礎控除の38万円を差し引いても、課税対象となる所得は62万円。最低税率は10%ですから、大雑把に言って6万円ものお金を国に納めなくてはいけません。逆に言えば、100万円稼いだとしても、62万円分の領収書があれば基礎控除38万円とあわせて所得はゼロ。所得がゼロなら税金はかかりません。もし千円の領収書を1枚なくしたら、100円多く税金を払うはめになるのです。100円そこに置いてきたのと同じことです。もはや領収書はお金と同じです。ガンガン集めて税金を安くしましょう。領収書のとり方で気をつけることは、なるべく「上様」ではなく「フルネーム」で宛名を書いてもらうこと。上様でも経費にならないわけではないのですが、本人が本当に使った経費だということを伝えるためには「上様」だけでは不十分です。領収書をためるコツは、お菓子の箱やおせんべいの缶など、なんでもいいので「領収書貯金箱」をつくり、経費になるのかどうか判断せず、すべての領収書を放り込むこと。経費になるのかどうかは後回しでかまいません。あとからじっくり考えましょう。領収書は1枚も捨てずに死守!それがチャットレディの基本です。